« 先に言い訳。 | トップページ | 4/2は色々遠征 »

2006.04.01

【ちょっとしたことニュース】ひだまりスケッチ1巻に初回限定版が存在した?

今日は4月1日です(挨拶)

注意

この記事は必ず最後の注意書きまでお読みください。
いきなり記事が消える可能性もありますのでご注意ください。


ちょっとしたことニュース
ひだまりスケッチ1巻に初回限定版が存在した?

みことん(仮名)単独通信社提供


 みことん(仮名)単独通信社の伝えたところによると、20050年10月に発売されたひだまりスケッチ1巻に初回限定版が存在することが判明した。コミックの初回限定版は数多く存在するが、事実であれば、まんがタイムきららコミックスでは初の初回限定版となる。

 ひだまりスケッチは、まんがタイムきららキャラットの表紙及び巻頭カラーを飾る看板作品で、20050年10月には待望の1巻が発売されている。そしてその際には全国の書店で複製原画展が開催され、ゲーマーズ秋葉原店ではサイン会も開催され好評を博したのは記憶に新しい。
 しかし、発売日近辺にはまったく初回限定版の話題は出てきておらず、発売されてから既に5ヶ月以上経ったこの時期に初回限定版の話題が出てきたことについて、「ガセねたではないか」「メールヘッダも見ずにメールが本物だと判断するなんて」(?)といった話が出る一方、「作る予定だったが出来上がったものの品質が悪く発売を断念してお蔵入りになったものが今頃出てきた」「コミケとかサイン会の時に限定で販売された」「関係者に配るために特別に作成された」などの話も出ており、情報が錯綜している状態となっている。
 発売日にゲーマーズでサイン会チケットを取得後聖地所沢で大人買いをし、その後も色々と買い足しを行い、作者にすら伝説の買い方としたと呆れられたmirv氏にメールで問い合わせたところ、1巻発売日、コミケ、サイン会の時に販売された記憶は無く、単なるガセネタかもしくは関係者限りのものではないかとのことであった。
 結局のところ依然として初回限定版の流出経路は不明であるが(もしかして今流行のwinnyか?)、みことん(仮名)単独通信社では今後も調査を続けていく予定である。


と言うことで、早速編集部に届いた1巻初回限定版の中身についてみてみよう。


20060401_01
表面。シュリンクがデフォルトでかかっているのと、左上に初回限定版のシールが貼ってある以外は通常版と同じようだ。ただ、厚みがあるので通常版と間違えることは無いと思われる。

20060401_02_1
シールを拡大。内容物についての説明が細かく書いてある。

20060401_03
側面。初回限定版についている「ゆのぴん」の分、幅がある。

20060401_04
裏面。ダンボールのケースから中身が見える。ピンキーは個体差が結構あるのでしっかり見るのが得策。

20060401_05
分売不可で、定価は税込み2000円。単行本単品だと860円なので、ゆのぴんは1140円と言うことになる。

外側を見たので早速シュリンクをはがして中身を確認してみる。
20060401_06
コミックスの中身は特に通常版との違いは無いようだ。

ダンボールにゆのぴんが入っているので中身を取り出してみる。
20060401_07
普通にお店で売られているものと同じケースに入っている。
左上には初回限定版である旨の文言入り。#01ってことは#02もだすのか?(出しません)


20060401_08
裏面。色々と説明が書かれている。

台紙を取り出してみて、隠れている部分をみるとこんな感じ
20060401_09

早速1巻表紙ピンキーを組み立ててみる。
20060401_10
あからさまに髪留めが大きいがデフォルメなので許容範囲内と言ったところ。

ぐるっとまわして撮影
20060401_11 20060401_12 20060401_13 20060401_14

次は某抱き枕のパジャマを。
20060401_15 20060401_16 20060401_17 20060401_18
パジャマを着ていて眠いせいかちょっと後ろに倒れそうな気が。

小物類は以下のものが付属している。
20060401_19
髪留めx2、ベルト、制服のリボン、鉛筆、スケッチブック、ベース2種
鉛筆とかが付属しているところが微妙に凝っている感じが。

おまけでちょっと組み替え。
20060401_20
鉛筆が武器のゆのっち春麗。

総評:
 小物類が結構充実しており(ベース2種や鉛筆など)この点は評価できる。
 ただ、塗りが微妙なところがあり(個体差にもよるかも)パジャマも絵柄が怪しい部分があったりとピンキーとしてはまずまずと言ったところであろうか。ただ、これも致命的とまではいえないし、値段的にも中身は1160円と良心的な部類だと思われるので、とりあえず購入してしまうのもアリであろう。
また、初回限定版ということもあり、書店からはすぐに消えてしまう可能性が高いので、この記事を読んで気になった方は早めの購入をお薦めする。

---
商品名:ひだまりスケッチ1巻初回限定版 ゆのぴん付属
発売元:法文者
サイズ:全身約10センチ
価格:2000円(税込)
発売日:20050年10月27日
---



注意)
 この記事はフィクションです。内容について実際の物とは一切関係ありません。内容について芳文社、うめさん、VANCE PROJECTなどに問い合わせることは一切行わないでください。
 この記事は速攻で消えたり気が付かないうちに修正されることがあります。
 感想、苦情、突っ込みなどはお気軽に私mirvまでメール、コメント、トラックバックにてご連絡ください。

web拍手付けてみました↓気に入ったらボタンを押してくださいませ。

|

« 先に言い訳。 | トップページ | 4/2は色々遠征 »

コメント

ひだまりスケッチ一巻初回限定版の発売日が二万五十年になってます。。

投稿: yu- | 2007.03.15 11:19

yu-さん、コメントありがとうございます。

4/1ネタなので、発売日が2万50年なのは仕様です(^^;

投稿: mirv | 2007.03.15 22:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31159/9377987

この記事へのトラックバック一覧です: 【ちょっとしたことニュース】ひだまりスケッチ1巻に初回限定版が存在した?:

« 先に言い訳。 | トップページ | 4/2は色々遠征 »