« 涼宮ハルヒの憂鬱アニメ4話とか | トップページ | 芳文社はフェアに対して微妙に気合いが入ってない? »

2006.04.28

そうか、すべてはSOS団のワナか!(AA略

某試験が無かったらみくるたんの改造ピンキー版をゴールデンウィーク中に作るのに…(挨拶)
色々とイベントとかもあるから行きまくるのになあ…
ゴールデンウィーク色々とイベントありすぎ。

っていきなり愚痴ってすみません。

とりあえず
W-ZERO3のストラップにみくるたんが追加されたのも
20060427_01

池袋ポストホビーで半額だったから薄河屋Collection みずぎくらすを紺+白セット買いしたのも
20060427_02

メイトで売っていたローゼンメイデン枕2個をしれっと買ったのも
20060427_03

すべてSOS団のワナだったということですな!







すみません。
ちなみに購入したの火曜日です。給料日+ちと疲れていたらしいです。
ポストホビーはゴールデンウィークセール実施中。スタンプダブル押し+ゴールデンウィーク特価品なのでつい…





で、ハルヒ関係で買ったのは以下。

20060427_04

火曜日に一応とらは覗いて冒険でしょでしょ?のCDが売っていることは確認したのですが、メイトとどちらで買おうか迷って結局買っていなく、水曜日は年休取っていたので物が消えたことすら知らなかったというオチに。

で、新宿とらを覗いたらやっぱりCDはなく、池袋とらを見たらとりあえず特典の写真は無かったですが物は売っていたので査収。まあ、しおりのためにメイト渋谷店でDVDVol.1予約したぐらいだからポストカード目当てで買ってしまっても良いかなあと。
それ以上に、とりあえず決めてしまって悩まない、考えないと言うことの方が重要だったり。

あれ?よくよく見るとステッカーに店舗印が入ってないぞ。
店舗印無いと無効って書いてあるなあ…店員さんが入れ忘れたかな?明日にでも突っ込み入れに行こう。

20060427_05

と言うことで、池袋メイトで1巻を買ってしまいました。
メイトしおりは全種類すでにあるので当然みくるたんで。
さすがにメイトだったらある程度残っているだろうなあとか思ったら、

7巻(だと思う)とコミックス1巻と単行本1巻しか残ってない…

池袋メイトまでこういう状況になるとは。しかも1巻は残り1冊。
とらはしおり無くなるまで配布とのことなので、1巻が再入荷されるまで待つ、という手もあったのですがあんまりサスペンド状態を続けておくのは精神衛生上も悪いので買ってしまいました。
と言うことでとらの3種類そろえるの諦め。

なのでとらで買っていない5,6を買おうと思ったら…
既に6巻7巻しか在庫が無い状態に(ぇ

みんな最初のほう読んで段々と後を買っているんでしょうか。おそろしや。
ということで6巻のみを査収。
20060427_06

しおりはランダムとのことなのですが、レジ前から絵柄が見えるので、前の人がハルヒ関連買わなければどの絵柄が来るか分かります。
とりあえず新宿で残りの5巻を買うか…

ただ、こういうことやった後、秋葉原に行ったら再入荷されていたりするから怖いんだよなあ(おぃ

それ以外のきららコミックスとかは次の記事の予定。

|

« 涼宮ハルヒの憂鬱アニメ4話とか | トップページ | 芳文社はフェアに対して微妙に気合いが入ってない? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31159/9795730

この記事へのトラックバック一覧です: そうか、すべてはSOS団のワナか!(AA略:

» 待て!これはSOS団の罠だ!(爆 [I'll be dis-ABSOLUTER]
■涼宮ハルヒの憂鬱 「只今第1巻 品切れ中 ゴメンナサイ」<アキバBlog> アキバBlogさんの記事にも取り上げられていますが、どうやら各所で『涼宮ハルヒの憂鬱』の原作小説、その中でも特に「第1巻」---「涼宮ハルヒの憂鬱」の在庫が品薄になっている様で。 先日、「ちょっとしたこと」のmirvさんが、秋葉原と池袋の「とらのあな」にて既刊を探した時にも、1巻だけが完全に品切れ状態だったそうで、今日になって、私も池袋の同店... [続きを読む]

受信: 2006.04.28 00:52

» ローゼンメイデン・トロイメント [ローゼンメイデン・トロイメント]
フィギュアでダントツの人気を誇るSRDX ローゼンメイデン・トロイメント 金糸雀 完成品フィギュア ユージン版 [続きを読む]

受信: 2006.04.29 20:50

« 涼宮ハルヒの憂鬱アニメ4話とか | トップページ | 芳文社はフェアに対して微妙に気合いが入ってない? »