« 『どうにかなるか~静と理恵子の血みどろ絵日誌~』刊行記念サイン会(2006/07/28) | トップページ | 「ドージンワーク」第2巻発売記念 ヒロユキ先生サイン会(2006/07/29) »

2006.07.30

プチ旅行(家出ではない)

試験が終わったから(ry

ということで、この日ぐらいしか行けそうにないので本厚木&海老名まで遠出してきました。
#来週はとら+試験だし、再来週はコミケだし、その次の週は疲れて死んでいる+コミケ片付け+WFだし…

やっぱり田舎に住んでいると神奈川まで距離がありますなあ。
確かに新宿からだと50分程度で着くので、まあいけない距離&値段ではないのですが、電車待ちも考慮すると大体往復で2時間かかってしまうのはやっぱり遠いなあと。往復960円だし。
#当然自宅からだともっとかかる

以下長くなったので続きへ行きます。

ということでまずはのんびりと本厚木まで。

程々の時間につくように、9:56の新宿発の電車に。
その前なぜか山手線ちょっと止まってましたが、埼京線使ったので問題なし。
9:50頃に駅に着いたのですが、土曜日ということもあってすんなり座れたので助かりました。結構時間かかるので、座れるか座れないかはこの後の体力の消耗に影響するんですよ>体力無さ杉

で、途中の相模大野で乗り換えて本厚木へ到着。
20060729_01

改めて自分の怪しい行動力には呆れます。

有隣堂は駅前からすぐ見えました。赤い色が結構目立つ建物です。
店舗の前にも今回のフェアの案内が。
20060729_02

ということで、4階のメイン会場へ。
4階の一角を今回のフェア用に設定してあって、芳文社の書籍、雑誌の販売と複製原画と原画とサイン色紙が展示してありました。
長期間のフェアだけあってしっかりとセッティングがしてありました。

雑誌のバックナンバーは、売れちゃったのかもともと無いのか、大体10ヶ月程度前のものが一番古かったかなあと言ったところ。キャラットは全部持っていたものしか置いていなかったのでスルー。ただ、各号2,3冊と数は結構ありましたけれど。
企画されている当たればサイン本は、7/27発売分についてはまだ入荷していないとのこと。予定では8月頭だそうです。

で、メインのお目当ての複製原画と原画とサイン色紙をのんびりと鑑賞。
サイン色紙は有隣堂のページの紹介にあるとおり。
原画は有隣堂のページにもありますが、『ラディカルホスピタル』・『らいか・デイズ』の2種。で、両方とも15枚ずつの計30枚。原画でこれだけ枚数が多いとなかなか迫力ありますな。

で、最近ちょっとはまっているらいか・デイズをのんびりと鑑賞。
原画のところに雑誌名と何月号かまで書いてあったのですが、ちとメモるの忘れた…
確か、今の季節に合わせて、7月号と8月号と書かれていたはず。
覚えている範囲だと、3巻の54,55,56,57,58,59,66,67,68,69,70,72辺り(足りないのは覚えてないだけ)。おそらくこの2話分で15枚だったと思われ。

私は最近読むようになったのでこの辺りはカラーで見たことなかったので見られて良かったですよ。
実際の原画だと色が結構綺麗だったり、線とか髪の毛の色とかの書き込みとかが綺麗だなあとか、蛍光ペンで色塗っているんだなあとか(もしかすると、カラーではなく赤のみ2色カラーページなのかも)、実際見てみないと分からないこともあって面白かったです。
あと、カラーと白黒だと目に付くところも違うなあと実感。
3巻66ページの4コマぶち抜きトップ絵、コミックス(白黒)で読んだときは着替えてるなあ、という印象しかなかったのですが、カラーで見たら一番最初に目についたのがぱんちら(おぃ
おそらく全体的に色でパッとみるので、この辺りの白いのが目についたものと思われ。

ということで、原画はなかなか興味深く見られて面白かったです。

次にお目当てその2の複製原画。
枚数は特にチェックとかしてこなかったのですが、120枚だそうです。気合いが違う。
と言っても作品によっては強引に引っ張りだしてきたのか、白黒のものがあったり、カラー原稿を一度コピー機で複製した感じのものも展示されてましたね。まあ枚数が多いのでこの辺りはしょうがないのかも。

正確な枚数数えてないですが、4階に40枚、B1に80枚。
4階は全部額に入っていて綺麗に飾ってあるのですが、B1はビニールに包まれてそのまま壁に張り付け状態。なおかつちょっと高い位置にあったり、かなり見づらいところに貼ってあったりと、階で落差激しすぎ。
まあ普通の書店で120枚って言うのが多すぎるような感じなのでしょうがないところですかね。長期間やるのでその際に入れ替えで対応って所でしょうか。壁に張り付いているのは見られましたが(ねこきっさ、ちびでびっ!、かみさま)天井近くに貼り付けられているものについては(魔法のじゅもん、だったと思う)は他のお客さんの邪魔にもなるので流し見。せめてのんびり見られるところにおいて欲しかったですけれど…

とりあえず毎回ですが、単行本でしか見たこと無い絵柄がカラーで見られるというのはよいですな。
今回だと火星ロボかな。昔は全然しらないのでカラー部分がみられて結構よかったです。
あと、悪魔様は色使いが綺麗ですね。4F額つきで展示されていたのですが、この中ではなかなか目立っていたのではないかと。ただほとんど読んだこと無いのでどこで使われているのかよく分からん(おぃ
ねこきっさは3巻のカラーそのまま。かみさまはなんとなく見たことある気がするなあ。

ということでB1はちと微妙な部分があるものの、4Fは結構近くでも見られますし、枚数も120とめちゃくちゃ多いのでなかなか良かったのではないでしょうか。
そういえば、アンケートに答えると複製原画もらえるのですが、アンケートに答えるときに欲しい複製原画の番号入れるんですよね…結構複製原画の絵柄とかによって抽選率めちゃくちゃ変わりそう。ここは微妙にマイナーっぽいものに応募してみるのも戦略的に面白いかもしれません。私はあんまり考えず欲しいものにしましたけれど、当選率低そうだなあ…

それと、往復1000円近くかけて行ったのでサイン色紙応募してきました。
こういうとき、最近手を出して昔のはほとんど持っていない人は有利ですな(ぇ

20060729_03

購入物:
 まんがホーム 2005年11月号-2006年5月号(7冊)
 スーパーメイドちるみさん1-3
 ねこきっさ1-2
 悪魔様へるぷ☆ 1-2
 女クラのおきて 1-3
 いつも心に太陽新聞
 かみさまのいうとおり!3

ってなんだか半分以上きららじゃないし(おぃ
一応この辺りはまったくダブりはないはず。(雑誌がちと怪しいけれど)

まんがホームは、「らいか・デイズ」のみ目当て。
最近ちょっとチェックするようになって、カラー目当てだけでまんがホーム買うようになってしまったんですよね…
で、今回丁度買っていないのがうまいことバックナンバーで売っていたので、表紙+カラーのためだけに一気に。
この辺り微妙に戻れない領域へ行きそうで怖いです。
これ以外は自分が持っていない&そのうち読みたいと思っていたものを購入。

あと、おまけにポストカードとしおりが。律儀に雑誌にもついてました。

20060729_04

以下内訳
 しおり
  らいかデイズ x2
  おねがい朝倉さん
  たびびと
  さくら町さいず x2
  スーパーメイドちるみさん x4
  ミッドナイトレストラン7to7 x3
  三者三葉 x3
  まゆかのダーリン!
  かみさまのいうとおり!
  きつねさんに化かされたい!

 ポストカード
  おねがい朝倉さん
  ラディカル・ホスピタル x2
  私が会社に行く理由 x6(おぃ
  トリコロ(八重ちゃん一人Ver) x3
  トリコロ(肉まん食べてるVer) x3
  ねこきっさ x3
  三者三葉

ポストカードは既に持っているものが多いですが、しおりはまんがタイムのはまったく持っていなかったので丁度良かったかなあと。らいかデイズとちるみさんが複数手に入ったのはちょっとラッキーだったかな。
なお、ポストカードとしおりは内部封入なのであけるまで分からない方式になってます。

ということで、全体的な感想としては、B1の複製原画がちと気になったものの、複製原画、サイン色紙、原画、その他おまけとなかなか規模が大きくてよかったのではないかと。これぐらい気合いは入っていると時間とお金かけて行った甲斐があったというもの。私としては、らいか・デイズの原画と悪魔様の複製原画が見られたのが一番の収穫だったかな。特に原画は良かったです。これだけで厚木まで行った甲斐があったかも。

ただ、ちょっと気になったのが4階の店員さんの対応。
買うときにちょっと色々と聞いたら、「分からないのでB1で聞いてください」とのこと。
ってメインで展示とかやっているの4Fで、販売も4FでやっているのにB1で聞けって言うのはちょっと違うだろう…。
4FからB1って結構距離もあるし、これだけ長期間でイベントやっているのにわからないからB1で聞いてって言うのはちょっとねえ。
この辺りはアンケートにも書いておいたので改善されることを望みますですよ。

それにしても、これだけ買うと重いですよ…死ぬる。
で、こんな妙な買い方&いかにも応募のために買うような買い方する人は私ぐらいだと思ったのですが、上には上がいましたよ。しかも知り合いに(ぇ
mixi見られる方は私のマイミクさんチェックしてみてください。ひだまりスケッチでも互角と思っていた方なのですが、今回は完全に負けたって感じです。すげーですよ。さすがですよー


で、有隣堂には1時間半ぐらいのんびりとしてから、次に海老名へ。
20060729_05

ということで三省堂書店海老名店。お目当ては貧乏姉妹物語のペーパーですよ。複数買い上等。

店舗は駅から結構近くて便利そう。ちょっと大き目のスーパーの4階に店舗がありました。結構こじんまりしてますね。
そして、コミックス関連の売り場が、店員さんの気合が入っているのが感じられて見ているだけで楽しいです。
サイン色紙とかポスターとか飾ってあるのは、程々のでかい本屋さんなら普通にあったりするのですが、いかにも店員さんが作ったと思われる手書き絵のポップ、出版社から販促用に書店に来ているイラストなど、ところ狭しとカードフォルダーにつけて並べてあります。ます。ちょっと内容を紹介してどうですか、というのもあったりとか。
ポスターとか複製原画とかもとにかく展示してみてもらおうというような気合いが感じられてなかなか好印象でした。

海老名書店のブログとか見てもコミック関係で頻繁に更新してますし、なかなか店員さんの気合いが入っているお店のようです。こういうお店だと結構見ているだけでも楽しいですね。
あと、少女コミックにも結構気合いが入っている感じでした。

ということで以下購入物↓
20060729_06

サイン本は買う気無かった&無いだろうと思っていたのですが、1巻2巻が数冊、3巻が程々残っていたのでとりあえず買ってしまいました。残っていた冊数多かったし。海老名店の客層には貧乏姉妹物語は合わなかったのかなあ。アニメイト池袋店は次の日の夕方にはすっかり消えていたんですけれど。
サインは文章のみ。なぜか前に購入したものとまた文章が違ってましたよ。引きが強いのかそもそも種類が多いのか。
あと、ペーパーは絵柄がそのまま海老名店のページにアップロードされているので、あんまり気合入れて買う必要ないかも(おぃ

また、店舗では一角を使ってコミック&アニメを宣伝してました。それと、海老名店用のPOPは、水色のリボンしている二人でした。

それにしても、本屋さんって結構個性があって面白いですね。
ということで時間と費用をかけた甲斐はあったかなあと。なかなかこういうちょっとした旅行もどきも面白いものですな。

|

« 『どうにかなるか~静と理恵子の血みどろ絵日誌~』刊行記念サイン会(2006/07/28) | トップページ | 「ドージンワーク」第2巻発売記念 ヒロユキ先生サイン会(2006/07/29) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31159/11145627

この記事へのトラックバック一覧です: プチ旅行(家出ではない):

« 『どうにかなるか~静と理恵子の血みどろ絵日誌~』刊行記念サイン会(2006/07/28) | トップページ | 「ドージンワーク」第2巻発売記念 ヒロユキ先生サイン会(2006/07/29) »